ASSENSE Vタレ ジョブ定義 ブログ 採用

採用ミスマッチを減らすジョブディスクリプションの書き方:ピープルアナリィクスとデータサイエンスアプローチが有効

9月 3, 2019

良い人材、優秀な人材を獲得したい。

どんな企業でも思っていることだと思います。

しかしながら、価値観の多様化や、スマホ時代になって様々な競争ルールが加速的に変化している現代において「良い」や「優秀」という曖昧な表現で優秀な人材を集めることが困難になっていると言われています。

特に、多様な価値観と成熟した経済環境において優秀と言われる人材は、学歴が良い(出身校の偏差値が高い)という従来ながらの評価軸だけでは判断できなくなっていることでしょう。

つまり、候補者のより本質的な能力や行動原理を見極めた上での採用ができないと、どんな優秀と思われる学歴や職歴を持っていても、その力を発揮できないミスマッチ状態になってしまうのではないでしょうか?

 

欧米の様に、しっかりとしたジョブディスクリプションを書けていますか?

採用ミスマッチを減らすために、たくさんの企業が応募者の能力測定を行なっています。

私共が提供しているASSENSE™️もその様な使われ方が多いですが、候補者のアセスメントだけでなく、採用後に任せる仕事のアセスメントも行なっている企業は少ないのではないでしょうか?

貴社はジョブの遂行要件をきちんとした論拠に基づいて(科学的に)定義できていますか?

出典:https://unsplash.com/photos/fteR0e2BzKo

 

これはある人事コンサルタントの方が話していたことですが、「なかなか自力できちんとしたジョブディスクリプションを作成できる企業は少なく、ジョブディスクリプション作成依頼がたくさん来る」とのことでした。

もし、貴社もジョブディスクリプション作りに苦労しているのであれば、人事コンサルタント諸氏に頼まれても良いですが、Vタレ™️の様なアセスメントツールを使って実際の観測結果からジョブディスクリプションを定義するという方法もあるということをご紹介できればと思っています。

 

設計するのではなく観察によるジョブディスクリプション

観察結果からデータサイエンス的にジョブディスクリプションを定義する。

これはいわゆるHRテックの中ではピープルアナリィクスの中の、ハイパフォーマー分析と呼ばれる手法・考え方を活用します。

誤解を恐れず簡便化すれば、現在の社員のアセスメントを行い、その中で優秀な結果を出されている社員と同じアセスメント結果を持つ人物を採用するということです。

この様なアプローチでジョブディスクリプションを行うとしたら、鍵となるのは観測ポイントの多さです。観測点が少ないと粗い人物像しか描くことができませんが、観測点が多ければ実像により近付くことができるという考え方です。

前者がデジタルなのに対して、後者はアナログなアプローチになります。

現在、弊社が提供しているアセスメントツールASSENSE™️は、被験者の体全部の動きを約2時間継続的に観測して、現時点では25の指標に落とし込んでいます。

被験者の観察データ量、つまりインプットの情報量はおそらく世界トップクラスだと思います。

アウトプットは現在のところ25指標ですが、当初の設計では約70指標を提供する予定になっていましたので、今後ASSENSE™️のバージョンが上がるごとに測定指標数は増えていくと考えています。

ただ、ASSENSE™️の大幅バージョンアップは少し時間がかかりそうなので、Vタレ™️としてはASSENSE™️以外のデータ計測や、貴社がお持ちのすでに計測されたデータとの統合などもご要望があれば応じていきたいと考えています。

 

業界常識や慣習にとらわれず、実態から導き出してミスマッチをなくすにはVタレをご活用ください!

VRアセスメント・Vタレ™️は、次の様な思いをお持ちの経営者の方に気に入っていただけるピープルアナリィクスHRテックです。

  • より良い人材を見極めたい
  • 重大な業務を誰に任せたら良いのか判断がつかない
  • 社員エンゲージメントを高めるための方策を探りたい
  • 業務ミスマッチを減らしたい
  • 退職予防策を講じたい

ピープルアナリィクスの発足のきっかけになった、書籍・映画でおなじみ「マネーボール」のセイバーメトリクスように、実際のパフォーマンスデータを観察することで、既存の常識にとらわれない、真のパフォーマンス要因とそれを実現できる人材を発掘することが可能になります。そして、その様な人材を適材適所配置によって、ミスマッチのない強い組織、強い会社作りができる様になるのではないでしょうか!

ASSENSE ™・Vタレのご相談はこちら

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社JSOL Vタレ・ASSENSE推進チーム

採用や配属の業務効率を飛躍的に向上させ、採用・配属のミスマッチ解消や早期退職予防、適材適所配置などのPDCAを継続的に行うことができるツールです。VRを使うことで、実際の業務をしなくても、被験者の行動特性を高い精度で推定することが可能になり、採用・配属・退職予防などで発生している人事課題を解決することが可能になりました。弊社はイスラエルActiView社が開発したASSENSE™️の日本国内販売代理店です。

-ASSENSE, Vタレ, ジョブ定義, ブログ, 採用

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.