DX・デジタルトランスフォメーション DX人材 ジョブ型雇用 ジョブ定義 ブログ

新たな付加価値を生み出し会社に貢献する、粘り強さと柔軟性を持つ自主性の高い人材を逃さず採用・配属する

コロナ禍によって経済環境と働き方の双方が劇的に変化をしています。

かつてない大打撃を受けている企業がたくさんある一方で、史上最高益を叩き出した企業も登場しています。

今回の激変の主要因は間違いなくコロナという外部要因ですが、危機の状況下ではマイナスな環境においても進み続けるために、粘り強さや柔軟性を持ち、高いモチベーションで仕事に向き合う人材が望まれます。

一方、最高益を叩き出したような場合は、追い風が止んでも成長を維持できるように、組織効率をあげられるような自主的なリーダーシップに富む人材が望まれるでしょう。

コロナ禍のような突然の激変の場合、今いる人材の中から環境変化に強い人材を見つけ出すしかないわけですが、そんな時にも活用できるのが私たちのVRアセスメントです。

出典:https://unsplash.com/photos/2gYsZUmockw

新しい環境で活躍する粘り強さや柔軟性を持つ自主性の高い人材を見つけるためには、ジョブ型雇用と人材の能力・性格特性の把握が鍵

アフターコロナのニューノーマルな働き方は企業の大小を問わず、リモートワークを大幅に取り入れた形になりつつあると思われます。

そして、リモートワークを機能させるために、人事管理の思想(採用・配属の考え方)はメンバーシップ型からジョブ型に移行している企業が増えているようです。

ジョブ型雇用に移行する場合は、配属可能性のある人材(社員など)の多面的なデータを持っていると、ミスマッチの少ない適材適所配置を行える可能性が高くなります。

「名選手、名監督にあらず」というように、今のジョブ(業務)の業績が良い人材だからといって、業務要件の異なる仕事が上手にできるとは限りません。

そのようなミスマッチを防ぐことはもちろんの事、本人が未だ発揮していない潜在力を知るためにも、多面的なデータは有用です。

抜擢や配属を検討する経営幹部や人事部の方々は、リモートワークがメインとなる業務のメンバーや、企業を引っ張って言って欲しい経営幹部(幹部候補者)が、粘り強さや柔軟性を持ち、新しい環境において自主的に高いモチベーションを持って働けるかどうかを予測できることは有用ではないでしょうか。

人材の能力・性格特性の見極めで効果を出しつつあるVRアセスメント「ASSENSE」

弊社が提供しているVRアセスメント「ASSENSE」は、VR(バーチャルリアリティ)によりバーチャルな作業空間に誘います。

VRヘッドセットを被った被験者は、そのバーチャルな作業空間において与えられる作業タスクを実行する中で、様々な状況に直面します。

例えば、作業に対するプレッシャーを感じる局面や、登場人物に対する感情移入をしていく状況などがあります。

VRアセスメントにおいては、その様々な状況でVRヘッドセットを被った被験者が起こす行動を計測し、心理学的・脳科学的に有意な解析結果をもたらします。

VRヘッドセットの行動計測においては、頭の動き、手の動き、視線の方向などを1/90秒単位で細かく計測しており、人間が行うアセッサーによる評価に比べてもより正確に多くの行動特性の特徴を得ることができます。

出典:https://pixabay.com/images/id-4908697/

従来、主流であった紙ベースの性格診断や認知テストよりも桁違いに深いデータが取れること、また、そのデータの出元が本人の意思ではごまかせない本質(無意識と言っても良いと思います)であることがVRアセスメントの技術革新です。

この技術革新を上手に利用することで、次のような効果を得ようとされているユーザー様が最近増えています。

  • DXプロジェクトの推進を担えるリーダーの発掘
  • 専門性の高い人材の個人事業主化に向いている人の見極め
  • 安全性を重視する作業者としての適正の見極め

各ユーザー様においては、業務内容や不確実性は企業、職種、作業環境などによって様々ですが、他社にて行ったアセスメントデータの活用法を踏まえつつ、各社それぞれの業務や組織にどう取り込むかを模索されています。

ASSENSEをご採用いただいた後のデータサイエンス的なデータの活用や業務や組織での取り込みについて、お気軽にご相談いただければと思います。

まとめ:

未曾有の経済環境の変化に対して、粘り強さや柔軟性を持ち、モチベーションを失わず、自主的に付加価値を生み出し局面を打開できる人材を探したい。

難局面でもへこたれずに付加価値を出し続けられる人材を抜擢したい。

そんな、新たな付加価値を生み出し会社に貢献する、自主性の高い人材を見つけ出すための一つの手段がASSENSEです。

ジョブ型雇用で業務のKSF(Key Success Factor)を決めたら、粘り強さや柔軟性などASSENSEが算出する結果の重み付けをすることで、候補者リストの中からより的確と思われる順番に候補者リストを並べ替えます。

ASSENSEでは、重み付けした測定結果に合致するスコアを算出する機能をFIT SCORE(フィットスコア)と呼んでおります。

モチベーション高く自主的に付加価値を生み出せる能力やメンタルをもつ人材を見つけるためのFIT SCORE(フィットスコア)の利用にご興味ある方は下記のボタンからお気軽にご連絡ください。

「ASSSENSE」の詳細はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社JSOL Vタレ・ASSENSE推進チーム

採用や配属の業務効率を飛躍的に向上させ、採用・配属のミスマッチ解消や早期退職予防、適材適所配置などのPDCAを継続的に行うことができるツールです。VRを使うことで、実際の業務をしなくても、被験者の行動特性を高い精度で推定することが可能になり、採用・配属・退職予防などで発生している人事課題を解決することが可能になりました。弊社はイスラエルActiView社が開発したASSENSE™️の日本国内販売代理店です。

おすすめコンテンツ

1

1: VRアセスメントサービス 「ASSENSE™」 2: 組織マネジメント/ビープルアナリティクスサービス 「 Vタレ(VRタレントオペーション) 」 1: VRアセスメント「ASSENSE ™」 ...

2

VRアセスメントによる適材適所な組織運営(世界最先端のVRアセスメント「ASSENSE™️」、タレントマネジメントシステム「VRタレントオペレーション™️」)に関するホワイトペーパー(無料)を3種類用 ...

3

FAQコーナー 導入・ご契約の際によく頂戴する質問事項をカテゴリー別にまとめました。 各質問をクリックしてください。回答が表示されます。 FAQ:機能 + VRアセスメント(ASSENSE)では何が測 ...

-DX・デジタルトランスフォメーション, DX人材, ジョブ型雇用, ジョブ定義, ブログ

© 2021