ASSENSE Vタレ ジョブ定義 ブログ 採用

優秀な人材を安い報酬で雇えるか?直感に頼らない採用について

ピープルアナリティクス「Vタレ™」に関わるようになり、興味を持って採用や人事戦略に関する書籍を読み漁っています。

大変面白く、参考になることばかりなのですが、その中でも面白かったのが「CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる(注1)」というタイトルの書籍です。

写真はイメージです。出典:https://unsplash.com/photos/rRWiVQzLm7k

こちらの第4章「CIAが実践している採用・人事戦略:なぜCIAは優秀な人材を安い報酬で雇えるのか?」に示唆深い記述がありましたので、その内容を踏まえながら、採用で失敗せずに優秀な人材を獲得する方法についてシェアしていきたいと思います。

採用で失敗しないための策

ピープルアナリティクス「Vタレ™」の出発点である、VRアセスメントツール「ASSENSE™」など、アセスメントや適性検査の開発は米国において軍事的ニーズに応える形で推進されたといいます。(注2)

軍ではありませんが、同じく対外工作を行うCIAは、全米から集まる優秀な人材から採用を行うにあたり、軍で開発されていたアセスメントテクニックを活用していることは間違いないでしょう。

そんな、アセスメントを潜り抜けたCIAで元諜報員をしていたという筆者からみると、民間組織でよくみられる次の3点が採用で失敗する原因になっていると指摘しています。

  • 直感に頼って選んでいる。
  • 求める人物像、採用基準を明確にしていない。
  • 面接官の好みではなく、組織の大方針と照らし合わせて人材を選ぶ仕組みがない。

いまさら言うまでもないようなことばかりですが、これら3つのポイントを排除した採用(特に面接)を行っている企業はそう多くないのではないでしょうか?

なぜ優秀な人が、安い報酬でもCIAで働きたがるのか?

求める人物像・採用基準を明確にし、面接官の好みや直観に頼らない選考の仕組みを行うためには、例えば「Vタレ™」や「ASSENSE™」を活用することで補えます。

ただ、そのようなツールを活用して優秀な応募者の中から適性人数を選び出したとしても、採用した人材ができるだけ長く組織で活躍してくれるためには、一般的には魅力的なオファーやインセンティブの提示が不可欠です。

泣く子も黙るといわれるCIAではありますが、この報酬については、一つだけの弱みと言えるかもしれません。

公務員なのでどうしても優秀な人材に出せる報酬は民間企業に及ばないそうです。

でも、そんな安い報酬のCIAですが、高給を投げうってでも応募者が絶えないのは、次のような5つの人事政策をCIAが引いているからと筆者は述べています。

  1. 次々に新しい仕事を与える。
  2. 社員の履歴が充実するような肩書きや地位を用意する。
  3. 重要な仕事ほど、任せる人は純粋に能力と人間性だけで決める。
  4. 部門横断的なチームを編成し、退屈な仕事にもやりがいを持たせる。
  5. 一匹狼(いわゆる職人タイプ)が力を発揮する居場所を作る。無理にマネジャーにもチームメンバーにもしないほうが組織にとっても本人にとってもプラス。

私はこの5点を見たとき、2つのことを思いました。

  • 徹底的に本人の能力や興味を洗い出し、適材適所を見出す人事部・人事局の存在
  • 報酬以上に魅力を感じられるような業務設計、任せる度量ある経営者・管理者の存在

いずれも、過去・前例にならう官僚的な組織では難しいかもしれませんが、経営幹部が本気で取り組めば不可能ではない人事戦略ではないでしょうか?

大企業にとっても、創業間もないスタートアップ(ベンチャー)企業にとっても、従業員のモチベーションを高め、エンゲージメントを高め、採用ミスマッチを減らするための重要なヒントではないかと思います。

安い報酬でも高い成果をもたらす人材を採用するためには、「ASSENSE™」と「Vタレ™️」を使いこなせばいい!

VRアセスメント「ASSENSE™」とピープルアナリティクス「Vタレ™️」を利用すると、高精度で能力と人間性を導き出すことが可能です。

安い報酬でも高い成果を残してくれる優秀人材に活躍して欲しい経営者様・人事部門責任者様は、お気軽にご体験してみてください!

百聞は一見にしかず。実際に体験してみると様々なことが見えてきます!

ASSENSE ™・Vタレのご相談はこちら

  • 注1:「CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる」、元CIA諜報員JCカールソン著、東洋経済新報社、2014
  • 注2:「人事アセスメントの科学~適正テスト、多面観察ツール、アセスメントセンターの理論と実際」、二村英幸、産能大学出版、1998

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社JSOL Vタレ・ASSENSE推進チーム

採用や配属の業務効率を飛躍的に向上させ、採用・配属のミスマッチ解消や早期退職予防、適材適所配置などのPDCAを継続的に行うことができるツールです。VRを使うことで、実際の業務をしなくても、被験者の行動特性を高い精度で推定することが可能になり、採用・配属・退職予防などで発生している人事課題を解決することが可能になりました。弊社はイスラエルActiView社が開発したASSENSE™️の日本国内販売代理店です。

おすすめコンテンツ

1

1: VRアセスメントサービス 「ASSENSE™」 2: 組織マネジメント/ビープルアナリティクスサービス 「 Vタレ(VRタレントオペーション) 」 1: VRアセスメント「ASSENSE ™」 ...

2

VRアセスメントによる適材適所な組織運営(世界最先端のVRアセスメント「ASSENSE™️」、タレントマネジメントシステム「VRタレントオペレーション™️」)に関するホワイトペーパー(無料)を3種類用 ...

3

FAQコーナー 導入・ご契約の際によく頂戴する質問事項をカテゴリー別にまとめました。 各質問をクリックしてください。回答が表示されます。 FAQ:機能 + VRアセスメント(ASSENSE)では何が測 ...

-ASSENSE, Vタレ, ジョブ定義, ブログ, 採用

© 2020