ASSENSE Vタレ ジョブ定義 ブログ 採用 組織改善

採用・配属のミスマッチ、早期離職がなくならない職場なら、VRアセスメント ASSENSE™️ の活用がチャンス!

「なんでこんな所に、こんなスキルを持った人が配属されているの?」

「入社前の話と入社後の話が違っている。。。」

「入念に採用プロセスを踏んだはずなのに、実際に配属されたら想定外の仕事をしなければならない。」

新卒採用の場合は、業務とのミスマッチというよりは、期待したパフォーマンスが出ないということも含まれますが、こういう配属先・着任先の業務とスキルのミスマッチや、本人の関心と業務内容のミスマッチ、またそれが理由の早期退職、意外によく聞かれることだと思います。

出典:https://unsplash.com/photos/oMpknr7yi7g

また、ミスマッチに困惑しながらも折り合いをつけて業務する方を目の当たりにしたことは少なくないです。

なぜ、この様なミスマッチが起こり、早期離職者を出してしまう職場が減らないのでしょうか?

ミスマッチの原因は、業務要件の洗い出しが不十分なのでは?

ミス(過ち)の原因は、人や道具、方法、環境など様々ですが、ミスマッチについては雇用側・採用側の道具や方法の問題が多いのではないでしょうか?

採用・配属を決定するための基準を定めるためには、事実に即した事細かな業務の洗い出しや、要求されるパフォーマンスKPIの設定などが不可欠です。

このKPIを設定する時のポイントは「事実を洗い出して事実に基づいて設計する」ことです。

決して、上司や先輩となる人が思い描く「理想的な業務要件を書き出して設計する」ことではありません。

業務パフォーマンスは採用前に提出される「履歴書」「職務経歴書」「適性検査」「性格診断」以外にも様々な要素に影響されて表出されます。

ですが、多くの採用・業務配属については「書類情報」や「面接の印象」という曖昧な情報を元に決められていたり、ミスマッチはわかっていても高学歴や経歴から何とかなるだろうと無根拠な期待に基づいているので、採用・配属のミスマッチや、それがもたらす早期退職の予防策などに有効策が描けていないと思われます。

一番良いのは短期間でも実際に勤務してもらうことかと思いますが、なかなかそのような時間的余裕のある候補者ばかりというわけにもいかないのが現状です。

そんなお試し体験ができなくても、仮想現実(バーチャルリアリティ)の中でのタスクへの反応から、パフォーマンス予測を判断材料として提供しようというのが、私たちがご紹介しているVRアセスメント「ASSENSE™️」です。

フルメニューの場合、およそ2時間のVR体験をしていただくだけで、採用業務や部署にどの程度フィットするかを推計することができるのが利点です。

最大の早期退職予防策は、採用・配属のミスマッチ解消ではないか?

企業にとって大きな損失の中に、早期退職があると言われています。

特に新卒採用から1〜2年以内の退職は、採用・育成の投資対効果(ROI)の観点からも組織運営の観点からも回避したい事象だと思います。

新卒の場合、業務の詳細をわかって応募しているわけではありませんから(それはそれで問題だと思うのですが)、企業イメージ、業務イメージで応募してきます。

そのイメージと現実のギャップが採用ミスマッチと言われ、そのイメージギャップが大きくなりすぎないようなアドバイスが、HRサービス提供者や経営誌などで言われています。

確かに、イメージギャップの極小化は不可欠です。

ですが、イメージギャップが完全に無くなったとしても、配属先や割り当てられた業務が、その人にとって向いていなければミスマッチは顕在化してしまいます。

ミスマッチが顕在化したことを相談でき、他部署や関連会社などへの配属替えが可能であれば、少子化や人手不足で雇用しにくい中、なんとか雇えた人材を失うことは回避できます。

しかし、それらの情報が放置されたり、それに対する対応が実行されず、退職・転職しか解決策がないと、追い込まれてしまうケースは少なくないのではないでしょうか?

出典:https://unsplash.com/photos/BuNWp1bL0nc

 

業務要件の洗い出し、採用者の能力・関心の洗い出し、両方を高い精度でするのがVRアセスメントサービス「ASSENSE™️」

VRアセスメント「ASSENSE™」とピープルアナリティクス「Vタレ™️」では、配属のミスマッチや早期退職予防を講じるためのソリューションを用意しています。

用意していると言っても、回答があるのではなく、世界中で業務用件の洗い出しを行っている、開発元イスラエルActiView社の脳科学社、心理学者が開発し、世界優良企業で利用されている業務要件分析フレームワークがあるということになります。

つまり、そのフレームワークをテンプレートとして利用していただくことができるので、他社で成果の出たやり方の上に、お客様の状況に応じたチューニングを行えるということです。

ミスマッチの解消や早期退職者防止(低減)のためのソリューション適応は、少し長めの計測期間が必要になりますが、採用・配属のミスマッチや早期退職者の削減に苦慮している会社様にとっては、お試しいただく価値があると思います。

百聞は一見にしかず。

実際に体験してみると様々なことが見えてくると、これまでご体験された方々からコメントをいただいています。

ミスマッチ解消策や早期退職者予防策を確立してできておらず悩みを抱えている経営者様・人事部門責任者様、或いはプロジェクト推進責任者様は、お気軽にご体験してみてください!

ASSENSE ™・Vタレのご相談はこちら

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

株式会社JSOL Vタレ・ASSENSE推進チーム

採用や配属の業務効率を飛躍的に向上させ、採用・配属のミスマッチ解消や早期退職予防、適材適所配置などのPDCAを継続的に行うことができるツールです。VRを使うことで、実際の業務をしなくても、被験者の行動特性を高い精度で推定することが可能になり、採用・配属・退職予防などで発生している人事課題を解決することが可能になりました。弊社はイスラエルActiView社が開発したASSENSE™️の日本国内販売代理店です。

-ASSENSE, Vタレ, ジョブ定義, ブログ, 採用, 組織改善

© 2020