VUCA人材の発掘に使える「ASSENSEファクトリー」でタレントマネジメント

2016年の世界経済フォーラム(ダボス会議)の頃から、ビジネスの世界でVUCA(ブカ、ブーカ)という言葉を目にすることが増えてきましたが、with コロナのニューノーマル(新常態)の今、再び頻繁に目にするようになりました。 「VUCAな時代に求められる人材とは」という様な使い方をされることが多く、改めて、VUCAという言葉の意味を整理してみました。 VUCAとは VUCAとは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の ...

ReadMore

採用や配属ミスマッチの解消に関心がある方、心理学的評価を役立てていますか?

せっかく採用したのに、早期退職してしまった。期待して抜擢したのに、実力を発揮できずメンタルをやられてしまった。 起きてほしくないことですが、このような採用や配属のミスマッチに悩む人事の方や経営陣は少なくないと思います。 現在、様々な人事評価が行われていると思いますが、心理学的な評価を役立てている企業はどれぐらいあるでしょうか。 人事評価・人物評価に心理学的考察が必要な理由 現在の人事評価、人物評価の多くは、 履歴書や職務経歴書、何をやってきたかという結果情報 どのようなスキルを持っているか(学習してきたか ...

ReadMore

2020年以降の新卒・第二新卒・中途採用における効率良いワークサンプルが可能な「VRタレントマネジメントシステム」の活用

2020年4月、緊急事態宣言を受けて様々な業種業態において、ビジネスのやり方やプロセスを根底から見直さなければならなくなりました。採用も例外ではありません。 面接主体で考えていた企業にとっては、面接回数を減らしながらも、従来通りかそれ以上の採用精度(採用後に期待通りに活躍してもらえる確率)を維持する手法を見つけなければならないでしょう。 そんな人事・採用担当の方に知っていただきたいのがタレントマネジメントシステムの活用です。 withコロナにおける採用プロセスの効率化と適切なマッチング 出典:https: ...

ReadMore

ニューノーマルな時代の採用・人事評価を考えてみた

コロナの蔓延による日本での緊急事態宣言は解除されましたが、これからはwithコロナとして、新たな生活様式の定着が叫ばれています。 ニューノーマルとは、リーマンショックが起きた2007年ごろに言われた危機の前後で構造的に不可逆な変化を遂げた社会のことですが、今回のコロナショックにおいても同じく新たな不可逆なニューノーマル(新常態)な時代が始まるのではないでしょうか? 人事・HR分野も従来のやり方は変えていくことが必要になっており、大きくノーマル(常態)が変容していくと思います。 出典:https://uns ...

ReadMore

新たなリモートワーク時代に対応している、人事評価や昇進審査のためのアセスメントシステム

長かった緊急事態宣言による自宅勤務・リモートワーク生活も、5月末で一区切りとなりそうです。 ただ、街中では3密を避けたり、入店時の体温チェックやマスク着用を要請するなど、完全に元通りとはならない様子です。 このような状況の中、新たな生活様式を定着させていこうという動きが加速しています。 ビジネス領域では、約2ヶ月間のリモートワーク勤務によって、工夫次第で生産性を上げることができる事や、家事との両立や通勤地獄から解放された事を是とする意見は多く、今後も引き続きリモートワークを前提とする企業は増えそうな気配で ...

ReadMore

人事部が採用や人材育成目的で使えるタレントマネジメントとは

2020年4月は、いまだかつてない厳しい状況となりました。 特に、人事・採用業務に関しては、説明会・セミナー・講演会など、人が集まる従来型の採用方法は完全に停止せざるを得なくなったことは言うまでもありません。 通常業務はリモートワークへ、人事・採用業務はオンライン面接・リモート採用へ。 今後はこの流れが定着すると思われます。 そんな新しい業務スタイルを、個人情報などに配慮したセキュリティを確保した中で効率的に行うために、採用にも使える様に設計されたタレントマネジメントシステムの活用を検討されてはいかがでし ...

ReadMore

理想的なインターンシップ応募者を集め、満足度を高めるブランディング論やピープルアナリティクスの活用について

企業のHR部門の皆様は、理想的なインターンシップの応募者(候補者)を確保できていますでしょうか? 弊社でもそうですが、多くの企業の採用プロセスの中でインターンシップの応募数や参加者の満足度向上がKPI(目標)になっているのではないでしょうか? 今回は、VRアセスメントサービスの提供を試行錯誤している最中に思い至ったインターンシップ応募者や参加者の満足度向上施策について書いてみたいと思います。 顧客満足を高めるために必要なことは、まず顧客について知ること インターンシップへの応募者や参加者に限りませんが、自 ...

ReadMore

組織力を強める、社員エンゲージメントを高めるためにピープルアナリティクスが活用できそう!

社員エンゲージメントを高めることで、業績や組織力を高めようという動きがHR界隈では注目を集めています。 しかし、エンゲージメントを高めたいと思った時に、思った以上に高いハードルの一つが、世代間ギャップではないでしょうか。 大きな会社ともなると、部長と新入社員の年齢が20年、あるいはそれ以上離れていることも少なく無いでしょう。 そうなると、なかなか部長からは新入社員の心が読めないし、新入社員からは部長の考え方がわからない。 会社という組織の一員であれば、上司の命令で部下は嫌々でも動き出します。しかしそれでは ...

ReadMore

AIやVRの活用で採用・面接の効率化は可能?

2019年12月24日、厚生省の発表により2019年の日本人国内出生数が86万4千人となったことが明らかになりました。 ポイント 出典:厚生労働省:令和元年(2019)人口動態統計の年間推計 https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei19/index.html 現在の企業幹部を務めていらっしゃる、団塊ジュニア世代(40代後半)の頃は、約200万人でした。 団塊ジュニア世代以降、少子化傾向は一貫して右肩下がりな状況を考えると、中途採用の市場が大 ...

ReadMore

これからの採用は面接だけでなく、リーダーシップや定着可能性など本人の資質を見抜くことも重要?

最近、電車のドアなどに、新卒や中途の採用広告がたくさん貼られているように思います。 筆者の場合、タレントマネジメントやピープルアナリクスの業務に携わり、関係したオンラインログが残っている事もあり、オンライン環境ではかなりの確率で人事関連の広告が出てきます。 そんな筆者にとっても、電車の様なリアルな場まで人事関連広告が溢れているのを見て、人事関連業界のサービスが活況である事を感じます。 いい人材がなかなか採用できない・・・ 景気が特別良くなった訳ではないのに、人事広告が目につく理由は、いい人材がなかなか採用 ...

ReadMore

© 2020